キャリアライブが目指すもの

​ご挨拶

「あなたは何者ですか?」と問われたら、あなたなら何と答えますか?
名前や属性、年齢を答える方が多いかもしれません。

では、これはどうでしょう。
「あなたがつい惹かれてしまうことは何ですか」
「あなたが労力の割に人から感謝されること、苦もなく成果が出せることは何ですか」
「あなたのゆずれないこだわりやあなたらしさを象徴する価値観は何ですか」

 

いずれの問いも、即答できる方は少ないのではないでしょうか。

 

アメリカのキャリアコンサルタントであるリチャードボウルズはこう言っています
「人々が理想の仕事に就けないのは、求人市場を知らないからではない。自分自身を知らないからだ」

 

欲求段階説で有名な心理学者のアブラハム・マズローはこうも言っています。
「私たちは自分が何を望んでいるかわかりません。もしわかれば心理学上の大変な業績になります」

 

個人/組織の対話パートナーとしてたくさんの方々とお話してきた私も、人間は「自分のことは自分がよくわかっている」と言いながら、実は「自分のことは自分が一番わからない生き物なのではないか」と思うようになりました。
そして、「多くの方が自分のことがわからなくて迷い焦っている」とも。

 

生涯にわたる幸せなキャリアを考えるとき、自分自身がどんな自分らしさを持っていて、何を望んでいる自分なのかを自覚することがすべての出発点になります。なぜなら、「幸せ」というのは、主観にしか意味を持たないものだからです。

 

「誰かに幸せに見せる」キャリアではなく、

  「自分が幸せだと感じられる」キャリアのために。
「誰かに幸せにしてもらう」キャリアではなく、

  「自分で自分の幸せを創る」キャリアのために。


人生100年時代、そしてVUCAの時代と言われる今後、「キャリアの幸福度」というモノサシは今まで以上に重要になっていくはずです。

 

「自分はどうなれば幸せなんだろう。」
「自分は本当は何を望んでいるんだろう。」
「自分はなぜ今ここにいるんだろう。」
そんな当たり前のようでいて実は難しいこの問いに、キャリアライブが寄り添い、行く先を照らしていけたら。
そしてそれが人生の運転席に座る人を増やすことに繋げていけたら、こんなにうれしいことはありません。

 

横山 佳菜子

​横山 佳菜子

株式会社キャリアライブ 代表取締役
キャリアカウンセラー/組織開発ファシリテーター
(国家資格キャリアコンサルタント)

1979年奈良県生まれ。 2001年国立奈良女子大学卒業後、人材採用支援を行う株式会社クイックに入社。企業と人、双方の「魅力」で相思相愛にする採用の魅力にはまる。

一方、期待して採用された人材が組織風土の壁に阻まれ入社後に活躍できない様子を目の当たりにし、2005年、組織人事コンサルティングを行う株式会社リンクアンドモチベーションに転職。新興ベンチャー企業の組織変革プロジェクトに携わる。
 
2011年、株式会社リンクイベントプロデュースに出向。立上げに参画し、ビジョン浸透、一体感醸成、ダイバーシティ推進など多様なテーマの組織開発プロジェクトを、プロジェクトマネジャーおよびワークショップファシリテーターとして支援。
 
プライベートでは二児の母。二度の育休・復職後、産前の働き方ができない壁に直面し、「自分自身がどんなキャリアを望んでいるのかが分からない…」とモヤモヤ渦巻くキャリア迷子時代を経験。「時間制約と仕事のやりがい、自己成長を同時実現する」新しい働き方を、ワーキングマザー第一世代として模索しながらもたぐり寄せてきた。

 

自身の経験から、「一人ひとり違うキャリアの幸せのカタチを支援したい」と志し、株式会社キャリアライブを2017年に設立。ライフステージの変化を迎える個人のキャリア開発や、多様な人(価値観、属性、ライフステージ)が意思をもって活躍できる組織開発に携わっている。

Copyrights (c) Careerlive Inc., All rights researved.