• 横山 佳菜子

働き方改革のWhyはどこへ消えた?


働き方改革ってなんだろう。

働き方改革ってどんな風にやればいいのか。

どんな施策を取り入れた会社がどんな効果を得ているのか。


ここまで、働き方改革の議論は

WhatとHowが先行してきた印象があります。


Whyはどこへ行ったのか?



以前、洋服のECサイトを運営するZOZOTOWNが

6時間ワークを発表して話題になりました。

https://www.j-cast.com/kaisha/2012/06/06134754.html?p=all




6時間までなら休憩なしでも法律違反にならないため

社員は9-15時をぶっ通しで働いて15時には退社できる制度を

何と2012年に導入しています。


ZOZOTOWNには明確な「Why」がありました。


15時に帰って、担当するアパレルショップをのぞくもよし、

帰宅して家族と過ごすもよし、何か学びやお稽古をするもよし、

社員同士でコミュニケーションを深めるもよし。


洋服と言う生活と密接にかかわる事業だからこそ、

社員にも豊富な生活体験やコミュニケーション体験を積むことで

パフォーマンスを高め、サービスの質を高めることを掲げていたそうです。


勿論、たくさんのメディアが斬新な人事制度として取り上げたため

プロモーション効果やリクルーティング効果もあったことでしょう。


(また、6時間勤務を実現するために社内資料の創り込みや

無駄な会議の見直しなどが徹底された、と文中にあります。

WhyがあるからこそWhatやHowに熱が帯びる。本当に素晴らしいですね)




こんな風に考えてみると、働き方改革のWhyは

事業体や組織体によって一社一社違うことが分かります。


皆さんの会社の働き方改革には、どんなWhyがありますか?




今日のNEWSPICKSでこんな記事が。


(日本IBMがスポンサードしている記事のため、

最期のポイント提示はシステムやツールよりですが、

前段のそもそも論や、各社の取り組み状況は分かりやすくて面白い)



インフォグラフィックで見る働き方改革のなぜ?

https://newspicks.com/news/3110040/body/



●いまなぜ働き方改革なのか?


・「労働力」改革が求められるから
労働力人口が着実に減っていて少ないリソースで高いパフォーマンスが求められる。しかも日本の労働生産性は低い。
・イノベーションがより一層求められるから
変化が激しくグローバル化が進む時代、厳しい競争の時代。新たな価値創出が生き残りをかけた最低条件。

●にもかかわらず、取り組んでいる内容は”働くな”改革

取り組んでいることは長時間労働是正、ノー残業デー導入、有給取得推進が上位に。



労働力人口が減りゆく時代の新たな価値創出というお題目と

打ち手との乖離が感じ取れるデータです。


ここから読み取れることは、

本当は、上述のZOZOTOWNのように、

一社一社のパフォーマンスを高め価値創出を促進する

真の目的 Whyをきちんと置けるはずなのに、

そこをすっ飛ばしてWhatやHowにパワーを注いでいる、

という「手段の目的化」が多くの企業で起こっている、

ということではないでしょうか。


挙句の果てに、働き方改革の施策によって従業員から

「(残業せずに売上上げろなんて)オッサンの無茶ぶり」

「現場をわかってない」なんて揶揄されて、

信頼関係まで削いでいるとしたら本当に悲しい。



どんなふうにしたら自社にとって最も意味のあるWhyを見つけられるのか?

そしてそれを実現していけるのか?

そんなことを考えていきたくてセミナーをやることにしました。

キーワードはキャリア自律、です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   

『働き方改革を成功させる本当の条件 ーキャリア自律で実現する働き方改革ー』

https://www.facebook.com/events/223220215075378/?ti=icl

日程 2018年7月18日(水)

時間 16:00-18:00

費用 無料

場所 外苑前・表参道

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   


女性活躍支援・組織コンサルティングを行う株式会社bouquetさんとの共催で、

リクルートワークス研究所長の石原直子さんにもご登壇いただきます。

ご関心がある方がいらっしゃれば是非ご参加ください。


(お子さんをお持ちの方やご自分の学びの時間を持ちたい方にも

参加してもらいやすいように、やや早めのスタート時間にしています。

是非お気軽にお立ちよりください。)




Copyrights (c) Careerlive Inc., All rights researved.