• 横山 佳菜子

30歳の過渡期(別名:アラサー世代のモヤモヤ?)

こんにちは。横山佳菜子です。


昨日の記事にも書きましたが、昨日は長男9歳の誕生日でした。


ささやかながらも本人リクエストの刺身3種盛りとケーキでお祝いしました。


祖父母や親せきからプレゼントが届いたこともあり、

「うわー俺めちゃくちゃうれしい。誕生日って最高や~。みんなありがとう!」と言っていました(笑)


自分の誕生日を喜べる、感謝を感じられるって何よりの幸せだよねーと思います。


ただただ迎えるのが嬉しく楽しかった子ども時代の誕生日を経て、大人になった私たちの誕生日はどうでしょうか?


SNSでお祝いメッセージをもらって心暖まることもあれば、

「あのころ~の未来にぼくらは立っているのかな…」と感傷に浸ることもあれば、

「思えば遠くにきたもんだ…」と遠くを見つめることもあるのが大人の誕生日かもしれません(笑)


私自身はわりと記念日には無頓着な方ですが、それでも節目の年齢、30歳や35歳は重みを感じましたし、そしてこれから迎える40歳にはやはり意識が向きます。


皆さんは、大人になってから印象的な誕生日はありましたか?

それはどんな節目になりましたか?


実は、キャリア理論の中では、人間の一生をいくつかの年代で分けて、それぞれどんな風な壁にぶつかりがちなのか、その時にはどんな葛藤を抱えるのか、そしてどんなふうに発達していくのか、を何人かの理論家が整理・主張しています。



そのうちの一人にレビンソンという社会心理学者がいます。


彼は「成人への過渡期」「30歳前後の過渡期」「中年(40歳前後)への過渡期」「老年への過渡期(リタイア前後)」があると唱えています。


個人的にはその中でも、「30歳前後の過渡期」と「中年への過渡期」がとてもリアルで味わい深いので、ここでシェアしたいと思います。


📷​​SMXLL 📷


-----------------------------------------

■30歳前後の過渡期

無限の可能性が開けていた20代とは違い、様々な社会的制約条件を受け入れる中で、急速に「可能性が限定される」ように感じる時期

キャリア、パーソナルライフ両面にわたって真剣に一つの現実的な選択をしなければなりません。そして、社会的な役割が増えていく時期です。

「焦燥感」「さまよい」「無力感」は30歳前後の課題とされています。


■中年(40歳前後)への過渡期

本当のじぶんらしさの模索・葛藤を通じて真の自己との折り合いをつける段階です。

自分が40年間防衛してきたものが守りきれなくなり、自分が崩れてしまうような恐怖感を無意識に感じます。

それを経て、それまでの自分が捨ててきたものとこれからの半生の自分を統合し、自分自身、自分にとっての世界、自分と世界の関係を「肯定」して生きていかなければならない時期です。

「真の自己」を生きていくという「個性化への道」を歩み始めなければなりません。

(出典:「ライフサイクルの心理学」講談社学術文庫)

-----------------------------------------


このレビンソンの論説を私はキャリアカウンセリングの勉強中に知ったのですが、わたしが感じたのは、「え、まんまそう思ってたんだけど(思ってるんだけど)、、これ世間一般、世界共通のものなの???」という驚きでした。


振り返ると、私自身28・9歳頃には、

「これまで営業だけしかやったことないままだと、潰しがきかなくなっちゃうのでは?…かといって今からなにができるだろう…」

「もしもこれから結婚・出産して時間制約ができたら、気合いと根性しか持ってない私はここにはいられないのではないか…」

「今のうちに両立しやすい職場に移っておかないと後で苦労するかもしれない…」

と悶々としていたのです。。


これぞ、THEアラサーの過渡期の典型症状だったのかもしれません。「可能性が限定された」と感じているからこそ、焦り、さまよいまくっていました。


30歳を超えたら新たなチャンスがないことは全くないし、変化の激しい時代だからこそ、自分の意図したものでない偶然の方向転換も多いにあり得るにもかかわらず(実際にあった)、


小さな世界の中でひとりグルグルと悩んでいた。


今思えば、「たられば」で悩む時間の方が勿体ない、持ち場に向き合い、力を磨き成果を出し信頼を獲得することの方が可能性は開けるし、


本当に戦略的に道を選び直したいのであれば(過度に不安がることなく)決めて動けばいいのですが、


袋小路の中の私はそれに気づけなかったのです。道を外れることも怖かったですし。。



「30歳の過渡期」、皆さんも経験がありますか?


これから迎える方はどんな風にこの過渡期を乗り越えていくのでしょう。


人間の発達ステージとして、こんな風な気持ちになるかもしれないことを知っておくだけでも、かなり景色が変わるのではないでしょうか^ ^


中年への過渡期はまた後日書きます!

それでは皆様、よき3連休をお過ごしください。

お読みいただきありがとうございました!



※※追伸とご案内※※

三連休後の9/24(日)PM に友人たちとワークショップをやります。

上のようなアラサーの過渡期症状に心当たりのある方、ざっくばらんにご自身のこれからを語りませんか。ワークはもちろん、キャリア理論のミニレクチャーも予定しています。

ご参加お待ちしています(^-^)

<キャリアワークショップのご案内>

わたしらしい「HAPPY&SMILEキャリア」を語ろう!vol.001

日時:9月24日(日) 13:30〜17:00 参加費:3,000円(教材費込み) 場所:〒107-0062 東京都千代田区岩本町1-13-5 8ビル3F Yosemite   JR総武本線 馬喰町駅・都営新宿線 馬喰横山駅(2番出口) 徒歩4分   日比谷線 小伝馬町駅(2番出口)徒歩6分   都営新宿線 岩本町駅 (A5出口)徒歩7分

↓詳細はこちら↓

https://www.facebook.com/events/1926180940968598/?acontext=%7B%22ref%22%3A%22108%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D

---------

Copyrights (c) Careerlive Inc., All rights researved.